レズ風俗スタッフブログ

2011年07月 レズ風俗大阪レズっ娘クラブ&レズ鑑賞クラブティアラのスタッフ御坊(おぼう)のブログ

2011年07月

omoi

今日はライブドア重い(気がします)

御坊です

キャストブログの件、もう一度説明します

「〇〇さんへ、本日は有難う御座いました」的なお礼記事の廃止

キャストブログの『コメント欄』がなくなるだけで

 キャストブログ自体はなくしません

お礼記事については「
〇〇さん」と、ご利用者のお名前を書かなければ大丈夫かな

とも思いますが(検討中)

そんなわけでとりあえず

明日には
キャストブログの『コメント欄』がなくなります

クラブティアラのキャストブログもぼちぼち作っていきます 

あと、秘密の伝言は、予約に関わること以外の内容では利用できません(転送しません)

rezubatoru
レズっ娘クラブキャストブログのコメントは

今月末に廃止決定

コメント欄は残さないほうがいいかな

廃止するからといって電話番号とか載せないようにお願いします

ティアラキャストのブログは随時アップしていきます

御坊です

急ですが

さきほど

先日、お会いしたレズバトル最高監督と二人で

ジャンカラの個室でハッテンしてきました!アーッ

嘘です

 クラブティアラのレズ鑑賞コースのシナリオ監修をお願いしてきました

平日の昼間からお時間頂き有難う御座います

今までのレズ鑑賞コースは

前回の記事でも書きましたが

大まかなマニュアルはあるものの

ほとんどキャストにおまかせで

 本物のレズビアンのプレイはこういうのだから



レズプレイ鑑賞コースのお客様に半ば押し付けみたいな感じご案内してきました

先日の試写会で、これじゃまずいなと考え

シナリオとかプレイ内容見直したいなあ

コラボできないかなあ

と勝手に妄想してました

後日、参加されていた方に相談したところ

 そういうのはやっぱりレズバトル最高監督が得意ですよ

ということを伺い

お電話したところ

本日、平日のお昼にもかかわらずお時間を頂きました

 レズAVのジャンルや歴史

 レズバトルについて

 シナリオについて

 得意技、プレイ、セリフについて

 時間配分と流れについて

色んなお話を聞き

ルーズリーフいっぱいにメモしてきました

その他、撮影秘話や女優さんのよもやま話などもお聞かせいただき

すごく勉強になりました 


というわけで

 レズバトルというジャンル

すごく簡単に説明すると

 イカセあい

について

クラブティアラのレズ鑑賞コースのひとつに取り入れます

レズバトル最高監督は

監修へのお願いを快く引き受けてくれました

 レズバトル部門最高のレズバトル最高監督による最高のレズバトル鑑賞をお客様にお届けしたい

これで60分3万は安いで

また、今回のお話で

予約時にお客さんからシナリオを募集したり

コスプレを取り入れたり

サイトで予告編みたいな画像や動画を入れたり

色んなアイデアを頂きました

アウトプットしていくず

詳細は、後日!クラブティアラのオフィシャルサイトにて

■レズバトル最高監督の作品はこちら

thiara

L・O・V・E ラブリー

御坊です

今日も長文になりそうな予感


先日、御坊の考える『レズ鑑賞の根本が覆された』

レズAV監督とファンによる試写会に

参加させてもらったわけですが

 レズ鑑賞の根本が覆されたって何? 

と、お客様から質問があったので 

ちょっと荒れるかなと思ってわざと触れなかったんですが

今回はこれとリニューアルについてお話します


先にいっておくと単純な話

 御坊の考えが偏りすぎてただけ

なんですが


本題に入る前に

まず、本店レズっ娘クラブはもちろん

姉妹店クラブティアラも

 特にレズビアンの方を意識して運営しています。

逆にいうと

レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダー以外の方のことは

ほとんど意識しておりませんでした。

でも、実際

クラブティアラは

 レズっ娘クラブでは実現できなかったお客様や働きたい女性の要望を取り入れていきたい

という考えからオープンしてます。



クラブティアラでは

男性のお客様もご利用可能な

レズプレイ鑑賞コースを設けております。

このレズプレイ鑑賞コースは

 本物のレズビアンによるプレイが鑑賞できる

というのが

 一番の売り

ですが

先日の試写会に参加させてもらって

レズビアンプレイAVを扱ったいわゆるレズものファンや監督 、

男性だけではなく、女性の方も参加していて
 
 レズAVって本物のレズビアンじゃなくてもいいんですか?

なんとなく皆さんに質問したところ

 別に女優がレズビアンでなくてもいい

好きなタイプの女の子同士が好きなプレイで絡んでいるところが好き

今、考えるともうね、はずかしい話

僕の考え方が偏りすぎてて、普通に考えると当たり前のことなんですけどね

というわけで

クラブティアラは

レズビアンの方だけでなく

もっと、一般の女性も男性も意識した店作りをしないといけないなと

だからといって全くレズビアンの方を意識しないってわけではないです

いうことで

早速、リニューアル案が

沸 い て き た

続きを読むへGO
続きを読む

tennjinn

ピチッピチでしょ?<ぷにっぷにー

ちょっぴり
セクシーでおちゃめな

レズっ娘のスタッフ

御坊です

天神さんですね

さて

 年内にキャストを10人ぐらいにしたいです



いうのは

前回の記事で、お話しましたが 

 年内の目標(願望)が、あといくつかあります

いっぺんに書いても長くなるだけなので

小出しにしていこうかと思いまして・・・


今回は

 キャストブログのコメント欄とお礼記事の廃止(検討中)

最初はキャストブログ自体をなくそうかなと考えていたのですが・・・


オープン当初から今まで

ブログのメリットとして

 キャストがどういうコなのかってのがわかる(セクや性格、趣味や相性)

 デートやコース内容の提案

 そのキャストがいつ空いてるか(シフト)

など

キャストブログの本来の目的の他に

 実際に稼動してるお店かどうか

 本当に在籍しているキャストかどうか

という根本的なとこでも

はじめてのお客様(利用を考えている人)や

求人応募者にも

ブログは、それなりに意味はあるんですが

また

 コメントでキャストへの質問ができたり

 お礼記事については、そのお客様だけの記事ということで

最初は好評だったんですが

今更ですが

 デメリット部分のほうが多いんです

いうたら

 そのキャストをどんな人が利用しているのか

 どんな利用のしかたしているのか

 その人の利用頻度とか

 『コメントの〇〇さんって実際は、どんな人なん?』的な

お気に入りのキャストをどんな人がどんな内容で利用してるか

他のお客様も気になる部分でもあるとは思いますが

実際

お客様的にも第三者に内容を知られるというのは

いい思いしないやろうし

まあ

お礼記事については

もとから、お礼記事系をあんまり書かないキャストもいますし

逆に最初からお客様から『私のことは書かんといて』っていわはる場合もありますが

デメリットの部分が多いことから

 お礼記事は廃止(予定)



お礼記事の代わりに

今のところは

 【秘密の伝言】形式(キャストから店経由のお礼メール)

でいこうと考えてます

それと

コメントについては

 ずーっとコメントだけで実際には来ない人なんかもいましたし(5回制限はつけましたが)

 100%男やろって人や

 アドレスや電話番号書いちゃう人もいますし

 コメント見て第三者の全く関係ない人からごちゃごちゃ言うてきたり

ほんと

 昔から問題の種

ってことで

メリット部分があんまりないような気がします。



記事への感想は

 会った時で
 
というわけで

あくまでも

 (検討中)

なので

コメントでもメールでも

特に利用者様からのご意見お待ちしております。


あと、秘密の伝言をブログのコメント代わりにするのはご遠慮ください。御坊爆破します。

babydaku

えっと

目標は年内にレズっ娘の在籍10名位に増やす

それだけ新人増えればオフ会(お披露目)も復活するかもです

言ってみただけです

御坊です

というわけで

 オープン当初のビガーさん並に鳴ってくれぃ(1日の応募数4,5件)

と願いつつ

今日から場違いなサイトに求人かけます

っていうても

ちゃんと

 『女性専用風俗 レズっ娘クラブ』

で載せれるとこです

去年載せた

いちごなんとかみたいにならんように願う

まじで



そんなこんなで

8月の割引は

■ビアン90分以上ご利用の方限定

新規のお客様も、常連のお客様も、ご無沙汰なお客様も

8月中は

.如璽肇魁璽120分(通常15000円)追加

 半額7500円でご案内

  又は

▲如璽肇魁璽120分追加

 7500円割引でご案内

花火やお祭りに行ってシャワー浴びるついでに

うんぬんかんぬんな感じでいいと思う

求人のおさらい
ティアラキャストは、できれば鑑賞コース可能な方

今のところ

レズっ娘でも

姉妹店クラブティアラでも

 シフト出したら仕事つきます(たぶん)

あと

 当日出勤できるコ

特に19:00〜翌2:00位の時間帯に

予約があれば

ミナミ界隈まで

緊急スクランブル発進できるコ

例えるなら

 小雀弥(こがらや)