lbr2logo
わからないなりに

レズバトルの見所を改めて考えてみました

御坊です

というわけで

今回はレズバトルの見どころについて

まずは

(1)武器一切ナシのステゴロ(素手喧嘩)!

バイブやローターなどアダルトグッズ一切ナシのお互いのテクニック対決!

レズガズム(キャストらのテクニック向上)にも繋がるかと思います。


(2)受けの美学!
プロレス業界では選手やファンの間には古くから「受けの美学」という思想が綿々と存在しており

(トップレスラーは)

相手の技を耐えて相手を引き立たせ、その上で逆転して勝つ技術とパワーが無ければならない


という信念に基づいており、相手を精神的にも肉体的にも凌駕するべきという考え方

この考え方は、大相撲の「横綱相撲」と通じるものがあり

相手の攻めを受けて


魅せて勝つ

ことこそが上位の相撲として捉えられていることと同様である。

難度が高い技を受けきって「魅せて勝てる」選手は、観客のみならず、他の選手からも賞賛を浴びる。

レズバトルは、イッたら負けになります

「イク」はもちろん「気持ちいい」というような言葉も我慢しなければなりません(たぶん

レズバトルにおいても受けの美学は、ゼッタイに必要でしょうね!

ネコの美学と使うより魅せて勝つ!受けの美学そのままのが良いですね。
※参照 受けの美学 プロレスラー(https://ja.wikipedia.org/wiki/プロレスラー受けの美学


(3)攻受逆転!
攻めていたのにいつの間にか攻められていた!

みたいな

ネコタチ攻守逆転の状況

技を返してそのままイカセたらすごい見せ場になるんでしょうね!


(4)本気の女斗美!
戦う女は美しい

それが女斗美(めとみ)!
※参照 【レズバトルの元祖?】女相撲と女斗美文化 御坊の勝手な考察http://lesbian.blog.jp/1818627.html
最後は、お互い健闘を称え合うような美しいバトルになって欲しいですね

というわけで

次回、レズバトルご利用可能キャストと

レズバトル鑑賞の新しい改正ルールを発表致します

御坊でした



他になにか見どころなどがあれば、コメントにて教えて下さい

本当にわからないので

お客様の中でレズバトルがお好きな方はいませんかー?