IMG_4957[1]
続きです

御坊です

瀬戸内国際芸術祭2013旅行です

小豆島二日目です

前回の続きです

 
【瀬戸内国際芸術祭2013】男の子はいつでも小豆島!一泊二日旅行2日目 

IMG_4921[1]

宿泊先がクソでした

というわけで

小豆島二日目

二日目も移動時間が読めなかったんですが

8時ごろに出発して

海沿いを走り(島なので、だいたい海沿いやけど

まずは

映画『八日目の蝉』でお馴染み

IMG_4813[1]
福田港フェリー乗り場

 その子はまだご飯食べてないの!

朝からガッツリひしお丼食うたけど

IMG_4819[1]

福武ハウス 〜アジア・アート・プラットフォーム 西沢立衛 
 
福武さんいうたらベネッセの会長さん

旧福田小学校の校舎を乗っ取り(嘘

校舎の中ではアジアの各団体から

アーティストの作品が展示されていました

校舎内の作品は撮影NGなので

福武ハウス

IMG_4816[1]

IMG_4814[1]

IMG_4821[1]
校歌の石碑が焼けそう

IMG_4818[1]
体育館跡は福田アジア食堂に

参加団体が推薦したシェフ達が考案したメニューがあるそうです

時間もなかったので

さっさと

三都半島(みとはんとう)エリアへ

この三都半島エリアは

公式本や公式サイトでも

 『三都半島エリアへはレンタカーがおすすめです

としか書いてなく

所要移動時間が全く読めなかった

まずは

三都小学校跡(現三都公民館)の体育館での

映像作品

Wander Island

Wander Island 升谷絵里香 

パノラマしか撮ってなかった

ラジコンボートで島を引っ張るみたいな映像でした

ここから歩いて

IMG_4830[1]
空間収集 -小豆島の自然と生きていたもの-  佐藤隼

虫とかの死骸やん

3万匹の虫とか

たくさん撮ったんですがホンマにえげつないので

最後の部屋だけ

IMG_4826[1]

蜂の巣だらけ

ゾっとした



お庭も見てくださいいうて

看板みたら

IMG_4834[1]

虫さんたちが過ごしたお庭

やかましいわ

IMG_4838[1]
小豆島 Story of the Island − 山田沙奈恵《います》  東京藝術大学プロジェクト

白い紙にシャーペンで書いた木目?すげー

IMG_4840[1]
はさまってますよー

小豆島 Story of the Island − 高原悠子《事物》 東京藝術大学プロジェクト 

次ー

IMG_4844[1]

夕焼けハウス:言語が宿る家 ジェームズ・ジャック 

村の人の休憩所で使われていた小屋を再生

IMG_4849[1]

白い石が花崗岩で黒い石が玄武岩

言語が宿る家ってことでパッと見は言語とか文字は見当たりませんが

庭の花崗岩の裏にはめっちゃ悪いことばっかり書いてて

小屋の外壁の板の中にはめっちゃいいこと書いてあるそうです

もちろん触ったらあかんねんて



IMG_4852[1]

stories –House- 赤坂有芽

IMG_4851[1]
元々、大工の棟梁が住んでた空き家を使った

映像インスタレーション使ったった

撮影NG

次が

ガッサク(がっかりした作品)・・・御坊造語

IMG_4856[1]
神様のおなら 臼井英之 

ふたつの山を借景に、海に9つの巨大な泡ぶくを出現させることを試みた

ホンマは生で見れる予定だったんですが

大人の事情で映像作品になった作品です

神様のおなら

その装置

本当に期待してただけに

まじガッサク(ガッカリみたいな感じで使ってください



瀬戸芸小豆島の作品の中で

一番衝撃的だった

IMG_4853[1]
小豆島 Story of the Island − 林千歩《エイリアンズ VS ティーチャー〜二十四の瞳を救え!!〜》 東京藝術大学プロジェクト 

島民と学生が作った映像作品

7分ぐらいの短編映画なんですが

IMG_4854[1]

映画「二十四の瞳」の前半部分の忠実さ

セリフとアドリブとガヤ

島民と学生の温度差

謎の全裸カット

オチ

ぶっとんでた

IMG_4855[1]

IMG_4860[1]
もう一度、タイトルのおさらいしておきます

 『エイリアンズ VS ティーチャー〜二十四の瞳を救え!!〜』

誰も救えてない

色んなとこから怒られろ

こういう作品好きです

眺望絶佳 古川弓子
眺望絶佳 古川弓子

小豆島の陶芸を活用した陶器と絵画を

島の民話や伝説、滞在記に基づいて制作

の近くにある

IMG_4868[1]
瀬戸ノ島景 柚木恵介

瀬戸内海の木彫の島々と

こちらも

国産みのイザナミとイザナギの伝説に基づいた

IMG_4871[1]

神々しい作品が展示してあった

IMG_4877[1]

小豆島 Story of the Island - 大橋文男《しろいいえ》 東京藝術大学プロジェクト 


IMG_4873[1]

注意書き

次は

たぶん周りの木ぃに鈴ついとる

IMG_4878[1]

キキの実家っぽい建物

実はこの建物も廃校(の元講堂)

こんだけ廃校ばっかりやと心配になってくる

この建物の中に

IMG_4879[1]

火のないところに煙は立たず 越後正志 

たばこ葉の解体した乾燥小屋とビニールハウスの骨組みと組み合わせた作品

タバコは小豆島では盛んだった農作物やったそうです

IMG_4888[1]

小豆島 Story of the Island - ジ・ミン・ソブ《Bandagehouse》 東京藝術大学プロジェクト

IMG_4887[1]

IMG_4883[1]

小屋中、包帯ぐるぐる巻きになってる

次はサービスエリア的なとこに展示してある

小豆島豊島アートガイド
小豆島豊島アートガイドのポスターにもなってます

IMG_4890[1]

花寿波島の秘密 吉田夏奈

三都半島の沖にある大小二つに並んだ小さな無人島

花寿波島(はなすわじま)

島の地形の絵を逆円錐型の空間に展開

ということで

あーそーいや

車から夫婦岩みたいなん見たわー

IMG_4891[1]

この下から入って

IMG_4893[1]

こんな感じー

階段に登って上からも鑑賞できるんですが

上からは撮影NG

目と鼻はNG、首から下OKみたいな感じですね

ティアラですね

違いますね

IMG_4903[1]

讃州土産巡礼 小山真 

巡礼の旅の記録映像とその場でみつけた素材などで「土産」を制作

IMG_4899[1]

まあ一見するとゴミ・・・じゃなかった

ひとつひとつに思い入れがあるんだと思う

知らんけど

というわけで

以上

三都半島(みとはんとう)瀬戸芸作品全16点でした

まだまだ続くで

三都半島エリアの作品鑑賞はレンタカーでも所要時間3時間ぐらいかかったっぽい

小腹がすいてきたので

オリーブ園方面へ

IMG_2117[1]
前回撮った風車(画像参照)や

オリーブ園をスルーして

2014年春公開予定の

実写版映画『魔女の宅急便』!http://www.majotaku.jp/

魔女の宅急便
「グーチョキパン店」

ロケ地!


IMG_4905[1]

Dutch Cafe Cupid & Cotton

このダッチワイフなんとかー






まさかの臨時休業

IMG_4908[1]

魔女子さーん

って感じで

醤の郷(ひしおのさと)方面へ

IMG_4910[1]

おおきな曲面のある小屋 島田陽

まあトイレですわ

直島でも公式サイトできちんと書いてないとこにある安藤忠雄の公衆トイレや

前回の伊吹島もトイレの作品がありましたね

ここではマーキングしてきたった

隣のお店で

ひしお丼セット食うたった

ここから歩いて

やばい

感じる

オリーブ畑のはずなのに

駅前のパチンコ屋の裏の細い路地的なナニカ

感じる

おった

IMG_4911[1]
 
オリーブのリーゼント 清水久和

ソリコミまで入ってる

あ、そういえば

小豆島に生息してた生ヤンキー見たんやけど

スポーツ刈りに上下セットアップの白いジャージに金の太めのネックレスしてた

昭和か

IMG_4914[1]
次の作品は

めっちゃ遠くて

汗だくになったけど

こんなん撮る余裕あります

撮影NG作品

IMG_4915[1]

小豆島カタチラボ graf 

作品と関係ないけど冷風機が気持ちよかった

帰りも歩いて

駐車場までつくと

車内も熱くなってたやんけ

次ー

トウモコロシでお馴染み

IMG_4920[1]

ヤギ

のおる

IMG_4918[1]

Umaki camp ドットアーキテクツ

ヤギが餌くわんと外の雑草ばっか食うてた

次の作品展示場所はクーラー効いてた

IMG_4921[1]

小豆島町コミュニティアートプロジェクト 小豆島町民+山崎亮+studio-L

このグラデーションをよく見ると

IMG_4922[1]

醤油さし

こんなんもあった

IMG_4923[1]

次の作品は

駐車場が近くになかったので

お土産物屋さんに駐車した

IMG_4924[1]

醤油倉庫レジデンスプロジェクト 小山泰介 織咲誠

江戸末期創業の老舗醤油会社の倉庫

ちゃんとお土産買いましたよ

レンタカーを返して

時間ギリギリ5分前

IMG_4929[1]

この泉から

9時から17時の1時間おきに

現われる

IMG_4928[1]

ANGER from the Bottom ビートたけし×ヤノベケンジ

ビートたけしが構想したプラン(というかネタ)をヤノベケンジがアレンジ

イソップ童話「金の斧」のネタで

2番目の男が意図的に落とした斧が神様に刺さって殺してしまうやつ

壮大なスケールのシュールさ半端なかった

そこから歩いて坂を下りて

IMG_4930[1]

Creator In Residence 「ei」 UMA/design farm+MUESUM 

IMG_4931[1]

ここの受付の人に小豆島最後の作品

壺井栄生誕地お花畑プロジェクト

の場所を聞いたら

 花、全部枯れてますけど

って言われて

プロジェクト失敗してるやん

 行ったことにしました(スタンプ押してもらった)

ということで

小豆島坂手港のフェリー乗り場

IMG_4933[1]

ヤノベケンジさんの壁画

全然、神様に見えない

坂手港フェリー乗り場
側面はパノラマで

帰りも

もちろんジャンボフェリーで

今まで撮ったジャンボトらやんは

りつりん2バージョンで

こちらが

IMG_4951[1]

こんぴら2バージョン

オリーブ持ってはるね

そんな感じで

今回はじめて

ジャンボフェリーの無料浴場(男性用)に入りました

窓から

IMG_4952[1]

夕日と瀬戸内海のコラボ

しかも貸切!

めっちゃ良かった

風呂入ったら疲れとか吹っ飛んで

帰ってまだ飲んで遊べそうやったもんな

ジャンボフェリーですが

女性向けには女性専用ルームと女性専用シャワー(どちらも無料)があるそうです

ドライヤーやシャンプーやら石鹸などは無いので

持参したら最強やと思います

そういや男性用浴場には洗濯機と乾燥機もついてた

あとサウナもついてたわ

そんなわけで次回の旅行お楽しみ

御坊でした